セックス時の性交痛を緩和したい!! 【女性のお悩みクリニック】




TOPページへ

セックスの悩み
SEXのとき濡れない
セックスで感じない(不感症)
性交痛がある
締まり(しまり)に自信がない
フェラチオ(オーラルセックス)
その気にさせる方法
セックスでキレイになりたい

女性の性の悩み 女性器のにおいが気になる
オナニーの仕方を知りたい
オーガズムを感じたい
男性が好む体になりたい
ストレス解消したい


女性の感じる性感帯
 (性感帯:クリトリス)
 (性感帯:Gスポット)
 (性感帯:ポルチオ)

性病
クラミジア
淋病
ヘルペス
カンジタ
トリコモナス
HIV(エイズ)

婦人病
子宮がん
乳がん
更年期障害

生理
生理周期
生理不順
生理の悩み

女性特有の悩み
冷え性
便秘

女性に対する男性の本音
女性の好み
男性からのSEXの本音

性交痛
性交痛を緩和して、気持ちいいセックスをしましょうね!

みなさんは性交痛はある?性交痛があると体の痛みだけでなく精神的に辛いことがあったり悩みは切実。どんな痛みを感じるの?また、彼氏、ご主人は理解してくれているの?

好きな彼氏に嫌われないように・・・または妊娠したい為など痛みを我慢してるかたもきっときっと多いと思う。

なかなか答えずらい質問ですが、普段、人にはなかなか聞けないことですし、深刻なだけにみなさんと一緒に考えていきたい問題です。

性交痛を緩和

   性交痛について   

■性交痛はなぜ起こるの?

性交のときに感じる痛みを「性交痛」といいます。女性は性的刺激を受けたとき、バルトリン腺から分泌液を出し、腟内の潤滑油にしています。女性の性的興奮が十分でないまま挿入すると、分泌液が十分でないため、擦れるような痛みを感じるのです。

性交痛の対策は、相手の男性としっかりコミュニケーションを取ること。セックス時に痛みを感じたら、我慢しないで、率直に伝えることが大切です。

痛みは我慢してはダメ

痛みを我慢しつづけると、無意識に腟の筋肉が収縮することがあります。これを「ワギニスムス」といい、人によっては挿入できなくなるほど収縮。ワギニスムスを改善するには、とにかく痛みを我慢しないこと。

相手の男性に協力してもらい、痛みを感じない工夫をしましょう。痛みを感じることなく性交できれば、恐怖心や緊張感が和らぎ、症状も徐々に改善していく。慣れるまでは、市販のローションや腟潤滑用ゼリーを使うとよいでしょう。

恐怖心や緊張感がなかなか改善しない場合には、セックスカウンセラーやセックスセラピスト(日本性科学会認定心理士)に相談するのも一つの方法!

性交痛の緩和

病気が原因の場合で痛い

性交痛は心理的原因によるものが大半ですが、婦人系の病気が潜んでいる場合もある。性交痛を伴う病気は、痛みを感じる場所で見分けることができます。

腟の入口付近の痛みは、腟炎や外陰炎の可能性が。また腟の奥が痛む場合は、子宮内膜症や骨盤内感染症などが考えられます。いずれも病院で簡単に調べることができるので、気になる場合には、婦人科で診察してもらうとよいでしょう。

   性交痛を緩和しよう   

ペペ プロローグ
ペペ プロローグ

自然な使い心地の水溶性ローション。有効成分の配合により嬉しい効果が得られます。またpHは、デリケートな部分にも安心してお使い頂ける弱酸性です。

『緑茶カテキン』はカテキン・ビタミンCを含み、【消臭・美白効果】に優れています。 『海藻エキス』は【お肌に潤いとハリ】を与え、キメをと整えます。

お肌もキレイにする優れものローションですよ♪